未来を創造しよう!

ハイクールグローバル創業者サミットおよび創業コンテスト

参加資格に関する質問
  • Qハイクルーグローバル創業コンテストに参加するためには、どのような条件が必要ですか。
    A コンテストに参加する個人、またはチームは同時に以下の条件を満たさなくてはなりません。
    1、参加する個人またはチームの構成メンバー全てが海外で学位を取得した経験、または海外での留学経験、就業経験、創業経験を1年以上保持しており、かつ帰国して(中国に来たとき)から10年以内である必要があります。
    2、個人名義でコンテストに応募する際は、創業者であり、尚且つ、プロジェクト創立時より株式保持数が30%以上でなくてはなりません。チーム名義で応募する際は、チームメンバーはプロジェクトのメイン創始メンバーであり、人数は5名以下、尚且つ、全メンバーの合計株式保持数は50%以上でなくてはなりません。
    3、参加者一人につき、一つのプロジェクトにしか申し込みはできません。
    4、コンテストグループごとに、以下の条件を満たす必要があります。 メイカーグループプロジェクト:北京で創業する意思があり、尚且つ、賞獲得後1年以内にプロジェクトを企業の形で、北京にて登録、設立することを了承しなければなりません。 グロースグループプロジェクト:企業の成立より10年以内(即ち、2010年1月1日を含めた、その後に成立した企業)でなければなりません。
  • Q個人名義とチーム名義は、それぞれどのような状況が申し込みに適していますか。
    A 個人名義での申し込みの場合、参加者はプロジェクトの創業者であり、かつ、第一自然人株主として、30%以上の株式を保持していなければなりません。これ以外にも、ハイクールグローバル創業コンテストのそのほかの条件を満たさなければなりません。
    チームでの申し込みの場合、そのメンバーは全員コンテスト参加条件を満たさなければなりません。条件はそれぞれ、海外で学位を取得した経験、または海外での留学経験、就業経験、創業経験を1年以上(1年含み)保持しており、かつ帰国して(中国に来たとき)から10年以内であることです。そして、チームメンバーは企業の株式を保持し、全メンバーの合計保持株式数は50%以上でなければなりません。
    れ以外にも、ハイクールグローバル創業コンテストのそのほかの条件を満たさなければなりません。
  • Q個人名義での申し込みにおいて、参加者は海外留学歴、または就業歴があるものの、持ち株比率が30%に満たない場合でも参加できますか。
    Aもし参加者が企業成立時に持ち株比率が30%以上である場合、後に融資において株が分散され持ち株比率が30%に満たなくなっても、第一自然人株主のままでいられるため、申し込みをしコンテストに参加することができます。ただし、その場合、申し込みの際に、株式変更に関して備考説明を明記しなくてはなりません。もし、参加者が会社成立時、持ち株比率が30%以下である場合、申し込みをすることはで来ません。
  • Qチーム名義での申し込みの場合、チームメンバー全員、オンラインで申し込みをする必要がありますか。
    Aチーム名義での申し込みの場合、アカウントを一つのみ新規に作成し、そこへ、メンバー全員の情報を記入すれば問題はありません。チームメンバー全員が個別でアカウントを登録する必要はありません。また、チーム名義での申し込みの場合、総人数は5名(5名を含む)以下でなくてはなりません。
  • Qチーム名義の申し込みの場合、チームメンバーの中に留学/就業/企業経験が1年に満たない、あるいは帰国してから10年以上経過してしまっている場合、コンテストに参加することはできますか。
    Aできません。チームめいぎでの申し込みの場合、チームメンバー全員が1年以上の留学/就業/企業経験を満たし、尚且つ帰国して(中国に来て)から10年以内でなくてはなりません。2010年1月1日を含む、それ以降の帰国(入国)記録を基とします。
  • Qチーム名義で参加するメンバー全員がコンテストの各段階の発表に参加しなければなりませんか。
    A チーム名義での申し込みの場合、チームメンバー全員がコンテストの各段階においての発表に参加しなくてはなりません。
  • Qもし参加者に特別な理由があって発表に参加できない場合、どうすればよいでしょうか。
    A全ての参加者は現場にて、コンテストの各段階の
    発表に参加しなくてはなりません。もし理由があって参加できない場合、オンラインビデオ会議形式での発表を実行委員会に申請しなければなりません。
  • Qチーム名義での申し込みのプロジェクトが賞を獲得した場合、賞金はチームメンバー個人の口座に振り込まれますか、それとも企業口座に振り込まれますか。
    A条件に合った賞金獲得チームは、メンバーで賞金をシェアするため、その賞金は企業口座へ振り込まれます。
  • Q海外の留学経験、あるいは海外の仕事経験がない方は応募できますか。
    Aできません。
  • Q海外での留学、就業、創業経験の時間と範囲はどのように定められていますか。
    Aコンテストの参加者は海外の留学、就業、創業経験が継続して1年以上必要であり、それは出入国記録、留学、または就業経験資料に基づきます。
  • Q香港、マカオ、または台湾での留学、就業、創業経験が1年以上ある場合でも、参加はできますか。
    Aできます。
  • Q今回のコンテストは幾つ分野に分けられますか。
    A今回のコンテストは、6大産業領域に分けられます:AI /ビッグデータ/金融テクノロジー;医薬健康;新世代情報テクノロジー;新エネルギー/新素材/スマート技術;文化創意およびそのほか北京市の先端的産業プロジェクト。
  • Q提出される資料に対しての要求はありますか。
    A参加プロジェクトは、コンテスト公式サイトの申し込み要項に応じて必要な情報を入力し、提出する情報の正確性および有効性を保証する必要があります。もし、盗作、盗用、虚偽の行為を発見した場合、そのプロジェクトのコンテスト参加資格は取り消され、獲得した賞金、及び政策的奨励や受賞歴を全て撤回されます。プロジェクトが知的財産権の紛糾に関わった場合、その一切の責任は参加者が負うものとします。
  • Q参加プロジェクトは、同時に複数の分野で申し込むことはできますか。
    Aできません。どのプロジェクトも、一つの分野でしか申し込みができません。 一人の参加者につき、参加プロジェクト数の制限はありますか。
  • Q一人の参加者につき、参加プロジェクト数の制限はありますか。
    Aあります。個人名義でもチーム名義でも、一人の参加者につき一つのプロジェクトでしか申し込みできません。
  • Qコンテスト側は、応募プロジェクトの知的財産所有権について、どのような要求や条件がありますか。
    A参加プロジェクトにおける、知的財産所有権の明確性の確保は必須です。応募時に、まずは大会の応募システムから「参赛项目知识产权声明」(参加プロジェクト知的財産所有権声明)をダウンロードし、必要事項を記入したのち、直筆のサインをいただきます。その後、同声明をスキャンし、最初ページとして参加プロジェクトの事業計画書に組み込み、オンラインでシステムに提出していただきます。知的財産権は二種類あり、一種類は自身に属しており、いかなる職務発明の項目もないものを指します。もう一種類は職務発明、あるいは部分的な知的財産権を持つものを指し、この場合は、勤務先、または所属チームの全面的な同意を得た上で、申し込み時に詳細とその知的財産権の帰属情報を明記しなければなりません。
  • Q現在特許を申請しているプロジェクトでも参加はできますか。
    Aできます。コンテストの申し込み条件にふさわしいものであれば、特許の有無にかかわらず、申し込みを行いコンテストに参加することができます。
  • QVIEモデルのプロジェクトも参加できますか。
    Aできます。しかし、申し込み人はコンテスト要項を満たし、かつ備考に株式状況について説明を記入しなければなりません。
  • Qユニコーン企業でも参加できますか。
    Aできます。上場しておらず、かつ、コンテスト参加要項を満たしていれば申し込みはできます。

ようこそ

WeChatでQRコードを読み取り、ログインしてください
伯楽からの招待

伯楽があなたをHICOOLグローバル創業コンテストへ招待しています。

ハイクールグローバル創業者サミットおよび創業コンテスト

ハイクールグローバル創業コンテストに関しまして 当コンテストの募集は完了しており、既に各プロジェクトの選考段階に入っております。ご協力ありがとうございました。

コンテストの進行情報に関してのお問い合わせは +86-(0)10-8046-1951 へお電話を、もしくは contact@hicool.com へメールをお送りください。

コードを読み取りコンテストの進展をフォローしましょう